写真による結婚式

結婚式の花束の写真

結婚式の代わりに結婚写真を撮影することをフォトウエディングと言います。
フォトウエディングであれば貸衣装代と撮影代だけで済むので、大幅に費用を抑えることができます。
その分衣装にお金をかけることができるので、豪華な衣装を選んだりお色直しの枚数を増やしたりすることもできます。
手軽さが受けて需要が高まっていることから、フォトウエディングを取り扱う貸衣裳店も増えています。
フォトウエディングは、事情があって結婚式を挙げることができない人にとっても便利なサービスです。

多様化する結婚式
フォトウエディングとは、結婚式場で挙式をしないで「結婚写真」の撮影のみ行うことです。
挙式は、それだけ時間とお金がかかします。
最近は、結婚式場で挙式しないで、スタジオでの写真撮影で済ますカップルも増加しています。
スタジオによっては、和・洋対応の祭壇が設けられています。
衣装を着て、そこでお互いに夫婦になることを誓い合うのです。
費用は、結婚式場の挙式よりはるかに低料金で済みます。
女性にとっても、一度は着てみたいウエディングドレスに袖を通す夢をかなえられます。

前撮り写真とは
結婚式場で挙式する際に、チャペル挙式ですと和装の結婚衣装に袖を通す機会を失いがちです。
もちろん、その逆もあります。
和装もウエディングドレスも着たいというカップルのために、前撮り写真プランが用意されています。
挙式日とは別の日程で行い、貸衣装代と撮影代が別途かかります。
場所にこだわるならば、スタジオ撮影ではなく希望のロケーションを指定できる場合もあります。
結婚式場の前撮りプランが高額ならば、フォトウエディングの可能な写真館で撮る手段もあります。

落ち着いた雰囲気
前撮りのメリットは、ゆっくり落ち着いて写真撮影に挑めるところです。
結婚写真となる写真撮影は、挙式と披露宴の間に行われます。
親族と一緒に映る写真といっしょに、新郎新婦2人の写真を撮影します。
親族も見ていますし、次には披露宴が控えていますので、緊張して気持ちは落ち着きません。
衣装直しと化粧直しも待っています。
前撮り写真は、結婚式とは別日程なので落ち着いて撮影を楽しむことができます。

どんな写真を残すか

結婚式の大ふざけの写真

前撮りではどんな写真を残すといいでしょうか。
実際、式を行う会場で前撮りしてくれるところはたくさんあるでしょう。
当日で着るドレスでの撮影はもちろん、当日着ないカラードレスや和装での撮影も可能です。
当日、洋装のみの予定なら、和装での撮影もおすすめです。
着物姿はしっとりとして、日本人ならでは。
両親に見せても喜ぶでしょう。
前撮りで撮った写真は、実際の式のときにぜひゲストに見てもらいましょう。
ウェルカムボードとして飾るのも素敵です。

写真のみの式
結婚式を挙げないカップルも多くなっています。
そこで写真だけでも残したいというカップルに「フォトウエディング」は人気があります。
写真撮影プランはもちろん、二人だけの小さな結婚式ができるようなプランが組み込まれている場合もあります。
ゲストは招待しないけど、家族や親族には見てもらいたいという人も多いので、写真撮影後は家族や親族どうしで、ホテルやレストランでお食事会というスタイルをとるカップルもいるようです。
こういったスタイルは、費用もかからず、アットホームで良いかもしれませんね。

記念写真について
記念写真とは、人生の節目節目の思い出を記録するために撮影する写真のことです。
日常的なスナップ写真とは異なり、記念写真の場合はきちんと正装をした上で、写真館などでプロのカメラマンに撮影を行ってもらいます。
写真は大きく引き伸ばされ、きれいに装丁された上で依頼者に受け渡しが行われます。
記念写真が撮影されるのは、お宮参り・七五三・入学式・卒業式・成人式・結婚式などの時が多く、それ以外の時でも定期的に家族写真を撮影するという家庭も多く存在します。

結婚写真とは
結婚写真とは、記念写真の中でも特に大事にされるものです。
結婚式を挙げる際には必ず撮影が行われます。
当日に撮影を行えない場合には、前撮りで撮影が行われることになります。
前撮りとは、結婚式の際に実際に着用する衣装を着て、前もって撮影を終わらせておくことを言います。
前撮りを行うことで、結婚式の際のスケジュールに余裕を持たせることができます。
手軽に撮影できることから、結婚式は挙げなくても結婚写真だけは残すというカップルも存在しています。